Pop Styleブログ

本文です
前の記事

A どうも、湘南ボーイダイエッター、(森ゾー)です。何だかお久しぶりですね。(央)記者に負けないように私も更新しなくては。さて、昨日の「ポップスタイル」本紙でも告知したように「注目ワード 茅ヶ崎熱血情報」に登場していただいた女優の今村美乃(よしの)さんが撮影した、茅ヶ崎の写真を、一挙に公開します!

★湘南の海が似合う清楚な美人!

1 今村さんは、湘南の海が似合う清楚な美人さん。「動画ポップスタイル」を見ても分かるように、写真家の高橋昭和さん(70)が、「美人だぁ」「美人だぁ」と繰り返し言って口説こう(?)とするのも分かります。こんな美人と2人で湘南をデートできたら楽しいだろうなぁ・・・と思いつつ、私は淡々と動画の撮影にいそしみます。まずはサザンビーチにある「C」のモニュメントを撮る今村さんを撮影。高橋さんのアドバイス通り、今村さんは「海を水平にして、空の割合を少なめに」という写真をきちんと押さえていました。

★工藤カメラマン、激写される!

3  取材では、写真を撮っている今村さんの姿を、同行の女性カメラマン・工藤記者が撮るという「向かい合って写真の撮り合い」という格好になりました。そのため、今村さんが撮った写真には、工藤カメラマンの姿が結構、写りこんでいました。その中でも「足の形が格好いい!」と、今村さんが特にお気に入りなのが、この写真です。

4 江ノ島スポットの写真や、サザン通り商店街の写真も撮った後、商店街の一角にあったお茶屋さんの前へ。「茶山(さざん)」という銘柄に興味を持った今村さんは、のぼり旗の写真を撮影しにかかります。でも、なかなかうまく旗が横に広がらないので、不肖・森ゾーが道路に横になり、旗を下から持つことにし6ました。高橋さんと工藤カメラマンは、私をフレームからはずして撮影していましたが、今村さんの写真には、私が道路に寝っ転がった姿を見事に写しています・・・。 ちなみに、私が持っているのは、今村さんの手荷物です。何だか彼女の僕(しもべ)になったみたいで、ちょっとMっぽい気持ちにもなりまして・・・・。でも決して、そんな私、嫌いじゃありません。

★まるで加山雄三の名曲「湘南ひき潮」みたい

2  私も茅ヶ崎の隣の藤沢市出身ということもあり、久しぶりに来た湘南の海は、とても心地よいものでした。残念なのは、都合上、旅館「茅ヶ崎館」の建物の写真が紙面に載せられなかったことです。小津安二郎が愛した旅館だけあって、とても風情がある建物と庭園でした。今村さんも庭園のツツジを撮っていました。

B   夏ももう間近。梅雨が明けたら、ぜひサザンオールスターズの曲を聴きながら、紙面で紹介した場所にでかけてみてくださいね。ところで、工藤カメラマンが撮った写真で紙面に載らなかったもので、私が一番好きなのは、今村さんがバス停にたたずんでいる写真。これは、私がファンである茅ヶ崎出身の大物歌手・加山雄三の名曲「湘南ひき潮」の一節そのものです。その歌詞を引用して、このブログを終わりましょう。「君は水着をバスケットにしまって 焼けた肌袖に隠し 街へ行くバスに乗る」。

★森脇健児さんのサイン入り「走る男 北海道→沖縄2700㌔の記録」を5人にプレゼント SSL対応の方は「ここ」、非SSL対応の方は「こちら」をクリックして申し込んでください。締め切りは16日(火曜)です! プレゼントには紙面に掲載されたキーワードが必要になりますので、ぜひ紙面を手に取ってご覧下さい。

新聞の入手法はこちら(あとから気づき当日入手し逃した方、配布・販売地域の関東・関西・札幌圏以外の方もご参照下さい)→http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

紙面、ブログへの感想、質問は popstyle@yomiuri.comへ。ぜひあなたのランニング体験、カッパ体験?!など教えてください!

応援クリックもお願いします。。CoRichブログランキング

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31