Pop Styleブログ

本文です
前の記事

Phonto

こんにちは、4月に職場復帰した宝塚担当の藍ママです。

今週のポップスタイル、ALLABOUTは元タカラジェンヌの柚希礼音さんです。

ポップスタイルで宝塚連載がスタートした時期と柚希さんが星組トップになった時期が重なったこともあり、取材する機会が最も多かったといっても過言ではないスターさん。それが、柚希さんです。

一番最初は安蘭けいさんが星組トップだった時代にした電話取材。

100周年の正月特別版、台湾公演取材、愛宝会(歴史ある宝塚ファンクラブ)表彰式の取材にも行きましたっけ。なので、ぜひ、ALLABOUTのコーナーに出て頂きたかったのですが、

タイミングが合わず…。しかし、今回、やっと実現することができました!

紙面にはかわいらしい柚希さんの笑顔も! すまし顔とのギャップがたまりません!

★自分の思いを★

ブログでは記事に載せきれなかったこぼれ話をご紹介していきます。

お話すると本当に気取りがなく、7年前に初めて取材したときと変わらない気さくさ、なんです。

でも「実は2番手からトップになるときに『かっこよくしゃべった方がいい』と色んな人に言われた時期もあるんですよ」と明かします。

「そっか~」と思った柚希さん、努めてかっこよくしゃべろうとした時期があったらしいです。

「しっくり来なくて。自分も気持ち悪くて、かっこよくなくても変でもいいから自分の言葉で伝えようと思って、かっこつけてしゃべるのをやめたんです」と話していました。

いいと思います! 大スターになっても変わらない柚希さん、今回もご自身の思いを込めて、色んなことを語ってくれました。

★ゾンビは苦手★

「ミュージカル バイオハザード」ではゾンビと対決するわけですが、

柚希さんご自身は怖いのが大嫌い、ゾンビも苦手だそうです。

ゲーム版もいちおうやってみたそうですが、「うまい人がやっているのをそばで見ているのが楽しい」見る派だそうです。

演出家のG2さんについては、「すごく優しい。けど芯がしっかりしているな」と言います。

「これってどうですか、こう思うんですけどと言いやすい。それをお父さんみたいにうんうんって聞いてくれるんですけど、飲んでくれるときもあれば、こうだよって戻されるときもあって、なんでもかんでもオッケーなわけじゃないから、一緒に作っていく感があります」

30日から始まる舞台が楽しみですね。

★かっこいいのは……★

制作スタッフの女性から聞いた話ですが……

「今回、出演者に男性陣が多いので、女性スタッフたちで『誰が一番かっこいいか』の女子トークをしていたんです。それで、立ち回りの稽古が始まったら……誰かれともなく『結局、柚希さんが一番かっこいいね』『ほんとだね』って結論になったんですよ……男性陣には内緒ね!」だそうです。

かっこいい&だけじゃない柚希さんをぜひ見に行ってくださいね!

★もっと知りたい人に!おすすめ作品★

もっともっと柚希さんを知りたいあなたに、藍ママが独断と偏見で選ぶ作品ベスト3

1位 ロミオとジュリエット

初演と再演がありますが、藍ママはスケール感の大きな大劇場版(再演)をおすすめします。

柚希さんが持つ天性の明るさが後半の悲劇と対比して冒頭から泣けます。

2位 スカーレット・ピンパーネル

2番手時代に演じた悪役ショーヴランは柚希さんの当たり役! 「マルグリット…」とささやき声で歌う場面がたまりません。

3位 ダンサ・セレナータ

ラストのクルクル抱擁しながらキスに至るシーン!(こう書くと意味が分かりませんが…)ヅカ史上に残る名場面だと勝手に思っています。

いずれもDVDで見られますのでぜひご覧になってくださいね!

【プレゼント】バイオハザードのパンフレットを柚希礼音さんのサイン入りで3人に、イ・ミンホさんのサイン入りプレスシートを3人にプレゼントします。紙面掲載のキーワードが必要です。応募はこちら 、または、https://qooker.jp/Q/ja/popstyle/taikai/ をクリックしてください。10月2日(日)午後11時締め切りです。

※夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求め下さい。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

Bio_main_all_pr1

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30