Pop Styleブログ

本文です
前の記事

編集長(2代目)です。

PopStyleブログの番外編のつもりで、私の担当分野のバレエの話を書いてますが、案外反響ってあるもんですね。いくつかリクエストも寄せられるようになりました。中でも、「橋本直Exif_hashimoto_2  君の事をもっと教えて!」という声が強かったので、記事に盛り込めなかった話をいくつか紹介したいと思います。

今後、「橋本神話」の序章になるであろう、5月15日札幌での熊川氏に代わっての「緊急登板」の時ですが、さすがに緊張したとのこと。休憩時間のわずか25分の間に、準備しなければならなかったこともあり、「ドーランより先にアイラインを引いてしまった」とか。そして、約1か月後のツアー終了時には、熊川氏から「長かったろう」とねぎらわれたことが心に残っているそうです。

横顔ですが、もともとが野球少年で今も野球は大好きとか。バレエ界で実際にプレーしちゃうぐらいの野球好きというと、東京バレエ団の高岸直樹氏、新国立の吉本泰久氏が有名です。バレエ団対抗リーグ戦をやったら面白いじゃん!なんて勝手に盛り上がりました。また、「おしゃれなスポーツカー」に乗っているとのことですが、さすがに「哲也さんのようにすごい車は買えませんよ」と笑っていました。

また、同世代の輪島君、宮尾君についてはライバルというよりも、お互い個性が違うので、よき仲間という捉え方をしているようです。

今後すが、王子役にも興味はあるそうです。友人からは「白タイツは似合わねー」ってからかわれるらしいですが、だからこそ挑戦したいと力をこめてました。

全体的な印象として、陽気で前向きなエネルギーに好感を覚えました。19、22日の「ドン・キホーテ」でもかなりのものを見せてくれるのでは!ないでしょうか。

あと、別件ですが昨日13日にオーストラリア・バレエ団の「白鳥の湖」を見てきました。オデットをダイアナ妃に重ねて、大胆に物語を読み直しているのですが、物語の面白さ、踊りの力、セットや衣装の豪華さも上々。マシューボーン版に匹敵する面白さだと思いましたね。とはいえ、今日で上演終了。18日まで上演される「眠れる森の美女」を見れば、バレエ団の力量とセンスがうかがえると思いますよ。

台風に負けず、きょうも何とか更新!

そんなわけで、リクエストがあればブログでも取上げますし、その数が多ければ「ALL ABOUT」候補にも入ります!そんなわけで、 popstyle@yomiuri.com  まで何なりと申しつけ下さいませ!

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31