Pop Styleブログ

本文です
前の記事

イヤハヤ南友

2007年5月10日

ごぶさたしております、(福)です。「福田記者のヲタスタイル」なんていうカテゴリーをもらっていながら、書き込むのは実に約半年ぶりです。大変申し訳ありません。紙面の方では、ALL ABOUTで時東ぁみさんや武田双雲さんを取り上げたり、恋ナビ対決で亥年デートやホワイトデーデートで相変わらず玉砕したりしていたわけですが。

4月から、我らがPop Style編集部も二代目編集長を戴いて新体制となり、恋ナビ対決も青田典子さんを新審査委員長に迎え、ますます充実の紙面を目指しています。二代目編集長の紐育通信、楽しげな様子が伝わってきて、うらやましくもあったりして(笑)。間もなく帰国し、その成果は近々紙面に掲載されると思いますので、どうぞお楽しみに。

5月2日のALL ABOUTでは、「モモーイ」こと桃井はるこさんをご紹介しましたが、いろいろと驚きの連続でした。だって、初めてお会いするなり、「(福)さんですよね」とおっしゃるものですから(笑)。桃井さんご自身もブログで書いてくださってますが、取材相手からそんな風に言われたのはほとんど初めての経験でした。

取材でも、okamaさんとの初対談をセッティングさせていただいたり、秋葉原への思い入れをうかがったりしたんですが、何というか、取材というよりヲタ話を楽しんでいただけ、という方が正しかったりして(笑)。ゲーメストとマルゲヤの話とか、モンスターハンターの話とか……。お二方の魅力を原稿で十分に引き出せたかどうかは、甚だ心許なくはあるのですが、アキバでポーズを取る桃井さんとか、生き生きとした表情の写真がたくさん掲載できたのは良かったな、と思います。桃井さんは、今年は米国やドイツのイベントに行く予定もあるとか。ますますのご活躍を私も願っています。

あと、5月9日の紙面では、(央)さんがハァハァ(笑)しながら書き上げたALL ABOUTの早乙女太一くんの隣で、恋ナビ対決「マンガデート」を書きました。現代マンガ図書館ラピュタ阿佐ヶ谷ufotable Cafeを巡りましたが、青田委員長からは厳しい判定が……。4月の「おけいこデート」に続いて私の担当分は2連敗ということで、何とか捲土重来を期したい(?)と思います。

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31