Pop Styleブログ

本文です
前の記事

大衆居酒屋も

2007年5月 9日

編集長(二代目)です。

みなさん、太一君の記事、呼んでいただけました?残念なのは、私はまだNYにいるので紙面が見られません。ただ、(央)記者があそこまで盛り上がるには、相当美しい紙面に仕上がっているに違いありません!

ちなみに、私がNYに来ているのも、とある美しい男たちを追いかけるためです。バレエ界ではちょっと有名な「あの人」たちですよ!同じ二代目として、太一君に負けないほどの妖艶な紙面を作りますので、皆さん、お楽しみに!

ところで、私がNYに滞在するのは3回目ですが、これまでは食事に大変苦労しました。朝飯でダイナーだのレストランに入ると、こってりしたパンケーキ×3にマッシュポテトてんこ盛りなどを食わされてしまう。そうなると胃弱な二代目は終日、激しい胸焼けに苦しまずにはいられません。Ny3

ただ、今回は非常に楽です。というのも、NYは大変な日本食ブーム。例えば、イースト・ビレッジなんていう、さほど観光名所でない町を歩いていたら、遠目に「ラーメン」と書かれた旗が目に飛び込んで来たのでびっくり。慌てて近付くと、信楽焼きのタヌキを置いた「大衆居酒屋」があるんですよ(写真参照)。周囲にしゃぶしゃぶ屋はあるわ、寿司屋もあるわ、日本の食材店までもある!もう、ごく普通に焼き鳥屋や居酒屋で晩飯を済ませられるんですよね。

ちなみに、この日のランチは、Ramen Favtory「minca」の醤油ラーメン。メニューによると、スープは「和歌山系と旭川系のブレンド」とか。このコメントを読むにつけ、相当分かってる人が作っているに違いありません。正しいラーメン文化の理解のため、なるべく多くのニューヨーカーに足を運んで欲しいものです。

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30