Pop Styleブログ

本文です
前の記事

Img_3008

こんにちは、おはようございます、こんばんは、popstyle編集長の森田睦です。

読売新聞水曜夕刊見開きカラー面「popstyle」の歴史を紹介する「プレイバックpopstyle」。

今回は、人気コーナー「注目ワード」編の2回目。具体的に紙面を振り返っていきます。

2009年4月~2011年9月の連載期間で、計20人の若手タレントさんと一緒に直撃取材をさせていただきました。

その中で最多登場を誇るのは、女優の今村美乃さんです。

その数12回。

ラブレター代筆サイト「恋文屋.com」の取材では、心に響く手紙の書き方を習い、ミニブタ人気の取材では千葉までミニブタに会いに行きました。その他にも、お化け屋敷、うさぎカフェの取材もしていただきました。

私も4回ご一緒させていただきましたが、最も印象に残っているのが、漫読家・東方力丸さんの取材でした。(2009年7月8日掲載)

東方さんは、路上で漫画を朗読するパフォーマンスを行っている方です。紙芝居屋さんを漫画本を使ってやっているのをイメージしていただくといいかもしれません。

取材場所は、土曜夜の下北沢駅前。ご想像の通り、多くの人たちが行き交う時間帯です。

大人数が見守る中で、今村さんにも漫読をしてもらいました。東方さんに「恥ずかしさを捨てることです。あとは勢いです」と教えてもらってのぶっつけ本番。意を決した瞬間の今村さんの顔を今でも覚えています。そして、見事に「ベルサイユのばら」のクライマックスシーンを感情豊かに読み上げました。

その後、今村さんは舞台に主演したり、話題のドラマに出演したり、地元熊本のテレビでリポーターをしたりと活躍の幅を広げています。

2018年12月12日号のpopstyleで、そんな今村さんはこう振り返っています。

「私の原点。場数が踏めたのでビビらなくなりました」

登場していただいた方の記憶に残っているということは、読者のみなさんからいただくご感想と同じく、私たちpopstyle編集室のメンバーの喜びであり、励みとなっています。

-------------------------------------

今週水曜(14日)夕刊のpopstyleのメニューは

  • ALL ABOUT「松本穂香」
  • イマ推し!「吉祥寺かるた」
  • 2.5次元のトビラ「アイ★チュウ ザ・ステージ」
  • 辛酸なめ子のじわじわ時事ワード「一番街」
  • アートテラー・とに~「モーソウ美術館」
  • 今日はどんな日「鉄道の日」

です。

--------------------------------------

過去紙面は

ヨミダスパーソナルhttps://database.yomiuri.co.jp/about/kensaku/

または

「記念日の新聞」記事コピーサービスhttps://yomiuri-plus.com/hensyu/memorial.html

でも読むことができます。

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31