Pop Styleブログ

本文です
前の記事

読売新聞水曜夕刊の新感覚カルチャー面「popstyle(ポップスタイル)」。11月1日の大特集は、バイオリン、津軽三味線、篠笛、鼓の4人組、竜馬四重奏です。それぞれのジャンルの一流プレーヤーが集結したこのバンド、演奏力はピカイチ、サウンドは斬新、ルックスはイケメン、さらに人柄も最高。3拍子も4拍子もそろったブレイク間違いなしの新時代の和風ユニットです。昨年メジャーデビューしたばかりで、まだまだ気付いていない方もいるかもしれない彼らを、ポップスタイルが大々的に紹介してしまいます。これまで、Perfumeをはじめ数々の人気者をブレイク前に大特集してきたポップスタイルが自信を持ってお薦めするユニットです。紙面を見てその魅力を知っていただきたいです。

Photo_3

竜馬四重奏は、バイオリンの竜馬さん、津軽三味線の雅勝さん、篠笛の翠さん、鼓の仁さんの4人組。今回は10月25日に発売したメジャー2ndアルバム「SAMURIZE」の発売に絡んで、インタビューさせてもらいました。

まず、このスタイリッシュなルックスを見て欲しいです。一般紙最大のインタビューページを誇るpopstyleの「ALL ABOUT」は、実際のところ、実力はもとより紙面映えする方でないとご紹介しにくいところもあるのですが、彼らのイケメンぶりと、この4色の斬新な衣装は十分魅力的です。

バンドの発案者である竜馬さんに、メンバー集めに関しては実力だけでなくルックスも意識したかどうかを尋ねると、「そうですね」とキッパリ。全くてらいのない堂々とした肯定ぶりは、メンバーも苦笑するほどだったのですが、竜馬さんは以下のように続けます。「人は聴覚だけでなく、視覚だったり、総合エンターテインメントをやる上で、色んな要素がこれからどんどん入っていくと思っていた。、ただ音がいい、演奏がうまい、技術がいい、というだけでなく、人間性も出てくるところだと思うから、意識している」と。

演奏力は前提。その上で、いかに楽しませるか、いかに夢中にさせるか、ということをちゃんと考えているバンドなのです。音楽性の良さはPVを見ていただければ瞭然でしょう。


YouTube: [MV]風神 / 竜馬四重奏

そして、インタビューを通して実感したのは、彼らの人間性と仲の良さ。終始和気藹々とツッコミ合いながらの撮影、インタビュー。ずっと笑いっぱなしでした。仲の良い同士でバンドを結成したのではなく、年齢もバラバラ、それぞれが各ジャンルを背負ってプライドを持って参加しているバンドなのに、不思議なほど打ち解けていました。メーン写真を階段で撮影する際には、雅勝さんが「まずチビの位置を決めて~」と小柄な自分の位置決めについて呼びかけると、竜馬さんが「くそチビの位置どうする~」、「おい、チビはいいけど、くそチビはやめろ」(雅勝さん)。今度は雅勝さんが「顔が大きい人は後ろがいいんじゃない?」と反撃。すかさず「誰が顔がでかい。態度がでかいんだよ。態度が顔に表れているだよ」と竜馬さん。文字で書くと殺伐とした感じもしますが(笑)、これを笑いながら言い合える距離感の近さ、これは記者が目撃するだけでなく放送したいレベルの面白さでした。今のバンドの勢いを象徴している気がしました。

あらゆる面で魅力的な4人を、ぜひ本日の大きな紙面で確認していただければ幸いです。

★ポップスタイルが掲載されているのは、読売新聞夕刊です。一部地域では夕刊自体発行していませんのでご注意ください、バックナンバーのお取り寄せサービスがありますので(https://yomiuri-plus.com/jigyou_honbu/plaza_paper.html)、入手できなかった方もあきらめないでくださいね。夕刊は1部50円。駅売店、読売新聞の販売店以外では入手しにくいので(コンビニでは置いていないところが多いです)、ぜひサービスもご活用ください。(非常に親切な対応だと評判です!)

その他のメニューです。

◆辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」は、「粘菌ブーム」です。粘菌って今ブームなんでしょうか。珍しく、なめ子さんがNHKの番組に出演されたことをきっかけに書いたテーマです。

◆さらに、毎月第1週の特集「民ゾクッ学」、マンガ「水よう日の花子さん」、「週刊ニコニコ動画」、イベントレポート[SCENE」などでも、相変わらずにぎやかな紙面となっております。

◆そして、この紙面にて発表したのですが、ユーミンこと松任谷由実さんの45年の歩みを、読売新聞、報知新聞の記事で振り返る企画展が、11月10日から読売新聞ビル3階で行われることになりました。詳しくはぜひ、紙面をご覧ください。

【プレゼント】

竜馬四重奏のサイン入りポスターを3人にプレゼント。応募には紙面掲載のキーワードが必要です。応募フォームはこちら 、または、https://qooker.jp/Q/ja/popstyle/taikai/ をクリックしてください。5日(日)午後11時締め切りです。

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30