Pop Styleブログ

本文です
前の記事

__4初のエッセー「こう見えて元タカラジェンヌです」(左右社)刊行記念!

今週も、著者の天真みちるさん インタビュー番外編をお送りします。

 

【宴会芸にも及ぶ!「巨匠」のダメ出し】

――「オーシャンズ11」のオーディションで、座付き演出家の小池修一郎さん(=巨匠)に、渾身のタンバリン芸を冷たくスルーされたエピソードがおかしかったです。

あれは泣きそうになりました……。でも、その小池先生が、私が「SMAP×SMAP」で芸を披露したのを見て、やたら「タンバリン、タンバリン」と言うようになったんですよ。

 ――あら! 小池先生、割とミーハーなんですね?

 まぁ、そうなんです。「天真、もっとやりなさい!」って。小池先生が紫綬褒章を受章されたとき、宝塚ホテルでお祝いをしたんです。先生の作品に出演された、そうそうたる俳優のみなさんや、私たちタカラジェンヌもパーティーに出席しました。で、お祝いといえば余興ですよね。

――花組は、どんな余興を?

小池先生が花組で担当された作品のパロディーです。歌詞を変えてつないでいく。当時、明日海りおさんのトップスターお披露目公演「エリザベート」(※巨匠演出)の集合日が控えていたので、「よろしくお願いいたします」の意味も込めて、締めは「エリザベート」から「最後のダンス」。上級生の方が、「ここで、たそセンター。タンバリン芸やって」と構成してくださって。タンバリンを振って踊りながら、替え歌による「最後のダンス」を熱唱しました。

――大ウケしたでしょう!

はい、まぁ…。でも、その後の集合日、小池先生はあいさつで「先日は私のためにありがとう」と淡々とおっしゃりつつ、「でも!花組の余興は! 天真に頼りすぎですよ!」って怒り出したんです。みんな、「待って……。お祝いの余興にもダメ出しするの……」ってなりました。小池先生との、忘れられない思い出です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【プレゼント】松下洸平さんライブツアーグッズを3人にプレゼントします。応募には3月31日夕刊の「popstyle」紙面に掲載したキーワードの答えが必要です。応募はこちら 、または、https://qooker.jp/Q/ja/popstyle/taikai/ をクリックしてください。4月4日(日)午後11時締め切りです。

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30