Pop Styleブログ

本文です
前の記事

Photo_2

こんにちは、こんばんは、おはようございます。popstyle編集長の森田睦です。

往年の宝塚歌劇団のスターの読売新聞初登場を探る企画の第5弾。

今回は草創期のスター、高峰妙子さん、雲井浪子さんを調べてみます。

1913年に入隊した高峰さんは、宝塚歌劇の初公演「ドンブラコ」で主役の桃太郎を演じ、男役第1号として知られています。

初登場は1922年2月11日朝刊。

声楽(ソプラノ)のため東京へ遊学にしていた高峰さんの様子をレポートしています。

当時は成績優秀者1人が、東京か外国で学ぶことになっていたようです。

高峰さんは東京音楽学校のハンカ・ペツォルト教授のもとで学んだようです。

「宝塚で考えていたのとは大違いでなかなか骨が折れます」とこめんとしています。

Photo_3

雲井浪子さんも高峰さんと同じく1期生です。

初登場は1926年2月10日朝刊です。すでに雲井さんは宝塚を退団しております。

……記事を読んだのですが、さっぱり内容を理解できません。

続報もなく、どんなニュースだったか分かりませんが、雲井さんが出演する作品に何か問題があったようです。当時は世間一般的に知られていて説明する必要がなかったのか、それとも記者の筆力に問題があったのか……。

続報見出しから想像するに、雲井さんは天照大神を演じたようです。

ちょっと消化不良ですが、宝塚の草創期を支えた2人のタカラジェンヌの初登場紙面でした。

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30