Pop Styleブログ

本文です
前の記事

こんにちは、こんばんは、おはようございます。popstyle編集長の森田睦です。

宝塚歌劇団のスターが読売新聞に初登場した紙面を探る「宝塚 初物語」です。

今回は先月20日に他界された、元星組トップスターの峰さを理さんの初登場紙面を調べてみたいと思います。

Photo

峰さんは福井県出身で、1972年に宝塚歌劇団58期生として入団し、83年に星組トップスターに就きました。退団後は、舞台に立つ傍ら、宝塚公演の振り付けをしたり、日本舞踊家としても活躍したりしていました。

峰さんの初登場は75年3月15日。

ミュージカル「ブリガドーン」で準主役をつかんだ際にインタビューしています。

記者は「スラッとして、しなやかな、由美かおるをさらに甘くしたようなかわいらしさ……」と書いています。

バレエや声楽の心得がなく、かろうじて宝塚音楽学校に合格した峰さんでしたが、50人中2番目の成績で学校を出たそうです。

「ブリガドーン」の演出家、鴨川清作さんは「年齢をへて出てくるべき魅力がすでにあり過ぎる」とコメントしています。

翌76年1月3日の新春紙面では「宝塚 期待のホープたち」という記事で、大地真央さん、紫城いずみさん、大浦みずきさん、寿ひづるさん、四季乃花恵さんとともに登場。

87年に退団を発表したときも大きな記事(87年5月8日夕刊)になりました。

謹んでお悔やみ申し上げます。

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30