Pop Styleブログ

本文です
前の記事

ふぉ~ゆ~こぼれ話

2018年7月11日

ふぉ~ゆ~の大特集、いかがでしたか? 4人の明るさ、面白さは紙面からも十分伝わったことと思いますが、紙面では掲載しきれなかった部分を公開しちゃいます。紙面を読んだ人はより楽しめる、読んでいない方は紙面を読みたくなる、恒例こぼれ話のコーナーです。

今回のインタビューは、東京都内での稽古前に行われました。

過去の掲載紙面を見せると、「こんなに大きなコーナーなんですか!?すっげー!」「いつ載るんですか?親に伝えます」と大盛り上がりの4人。

インタビューでは、松崎さんがいきなり椅子の上に立って舞台に対する意気込みを演説(?)して笑いが起こるなど、とても楽しい雰囲気でした。

光一さんからふぉ~ゆ~についてコメントをもらったことを伝えると、「なんて言ってましたか!?」と前のめりの4人。

「『懐に入るのがうまい4人だ』と言ってた」と伝えると……。

<辰巳> こっしーと福ちゃんは、懐に入るというか、光一くんの部屋で一番風呂に入ってましたからね。

<福田> 勝手にお湯ためてね(苦笑)。

<越岡> 誤解しないでくださいね、信頼関係があるからですよ!

<辰巳> 光一くんのソロコンサートツアーで大分に行った時、ホテルで光一くんの部屋に温泉みたいな内風呂がついていた。その内風呂に完全にボケで入るっていう……。光一くんは「おいおい、お前ら~」とか言いつつ、すごい嬉しそうにしてましたね。

<越岡> 光一くん、「ハイハイ」って言いながらバスタオルを用意してくれた。

<辰巳> 光一くんにそんなことできる後輩、僕らだけじゃないですか? 俺らも、なんならKinKi Kidsなんじゃないかっていう……。

<松崎> それはありますね(ドヤ顔)。

<福田> ふざけることもあるけど、長年エンターテインメントを追求している光一さんのことは尊敬してます。

<松崎> 今の使えるコメントでしたね。何より「光一くん」じゃなくて「光一さん」って呼んでますからねえ。ふむふむ。

<辰巳> 20年間、上下関係が厳しいジャニーズ事務所の下の下を歩き続けて……。僕らもこう見えてもすごい気にするタイプなのですが、先輩の部屋の内風呂に入れるっていうのは本当にすごいことだと思う。

<松崎> うん、僕らも大人になったよね。

<福田、辰巳、越岡> ???

<辰巳> もう、ふぉ~ゆ~としては「(迷言&ボケまくる)松崎祐介が読売新聞に載っていいのか問題」だよ(笑)。こうやってマツにツッコミまくっていたから、自然とワイワイするグループになっちゃったんですよね。

<福田> 松崎くんが真剣になればなるほど面白い。

<辰巳> 逆に松崎くんが笑いをとりにくると、笑えない。

<松崎> 僕の存在自体がエンターテインメントということですかね(一同笑い)!

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30