Pop Styleブログ

本文です
前の記事

読売新聞水曜夕刊に掲載している新感覚カルチャー面「popstyle」。今週は、映画「パンク侍、斬られて候」の大特集です。主演の綾野剛さん、脚本の宮藤官九郎さん、そしてカリスマ的に人気を誇る石井岳龍監督による座談会を中心にお届けします。このお三方、とても息がピッタリ。共通点は、3人とも超パンク!なところのようです!Dsc_0717

今週末30日に公開される「パンク侍、斬られて候」は、町田康さんのシュールな時代小説が原作。映像化を一度は諦めたという石井監督が念願を実らせ、待望の映画化。綾野剛さん、北川景子さん、東出昌大さん、染谷将太さん、浅野忠信さん、永瀬正敏さん、國村隼さん、豊川悦司さんという名優たちが出演する超豪華破天荒ムービーとなっております。

popstyleでは、主演・監督・脚本のお三方に集まっていただいたのですが、この座組は超ガッチリと噛み合ってました。笑えて、そして読み応えのある座談会原稿に仕上がってますので、どうぞご期待ください。泣く泣く紙面に収めきれなかった部分もあるので、このブログで先行して公開してしまいましょう。3人の好きな音楽について語り合ってもらった部分です。

     ◇

 綾野 バンドスタイルが好みで、大人計画さんのバンド(グループ魂)も好きです。最近注目しているのは、女性4人組のCHAI。あの子たち最高だなと思いますね。

 宮藤 「NEOかわいい」ね。4人のうち2人が双子なんだよね。前に対談したことがあるんですけど、基本ため口なんですよ。ノリが良すぎてこっちがどんどん引いてく、みたいな。演奏はすごく上手です。

 綾野 監督は?

 石井 どうかなぁ、普段はジャズを聴いてる。

 綾野 ジャズ? も~う。そんな格好いいこと言って。

 石井 エラ・フィッツジェラルドとか、女性ボーカルが多いかな。あとは、ベーシストのチャーリー・ミンガス。彼の弾くピアノも素晴らしくて、聴いていると心が落ち着く。

 宮藤 あ、浅野(忠信)さんのバンド、SODA!もすごい好き。

 石井 いいよね。

 宮藤 ライブに行ったら、開始時刻より前に始めちゃう。「アンコールはあるけどアンフロントはないだろう」って。セットリストをスマホにメモしていて、それを確認しながら歌ったり、同じ曲を何回もやったり。それが格好いいんですよ。

     ◇

どうですか。仲の良さや共通の趣味で話がどんどん膨らんでいく感じ、分かりますでしょうか。紙面の本編はもっと互いのパーソナルな部分について食い込んでますので、お楽しみに。

★毎月第4週は「シムクン韓流」。今回はウ・ドファンさんが登場です。

★「イマ推しっ!」は、「ジョジョ」の荒木飛呂彦先生が登場!

★じわじわ時事ワード、漫画「水よう日の花子さん」、週刊ニコニコ動画も絶好調です。

【プレゼント】

・映画「パンク侍、斬られて候」のムービーチケット(1枚)を3人にプレゼントします。また、シムクン韓流のウ・ドファンさんのサイン入りインスタント写真を3人にプレゼントします。応募には紙面掲載のキーワードが必要です。応募はこちら 、または、https://qooker.jp/Q/ja/popstyle/taikai/ をクリックしてください。7月1日(日)午後11時締め切りです。

★ポップスタイルが掲載されているのは、読売新聞夕刊です。一部地域では夕刊自体発行していませんのでご注意ください。

お買い求めは、読売新聞の販売店や駅売店で(コンビニでは置いていないところが多いです)。夕刊は1部50円。

 バックナンバーのお取り寄せサービスが、東京・大阪でありますので是非ご利用ください。
前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30