Pop Styleブログ

本文です
前の記事

齋藤飛鳥さんのインタビューをみなさん楽しんでいただけたようで、とてもうれしいです。齋藤さんのインタビューはこれ以上ないのですが、ご好評に感謝して飛鳥さんに関連する記事をもう1本見ていただきましょう。

2015年12月に掲載した「ALL ABOUT 乃木坂46」の際、登場した4人のメンバーがその時の10福神についてコメントしてくれたんです。齋藤飛鳥さんのことについて語ってくれたのは、今年卒業した橋本奈々未さん。橋本さんは飛鳥さんのことを本当にかわいがっていたようで、とても素敵なコメントで飛鳥さんの魅力を語ってくれました。お二人とも、具体的な例を挙げながら、気の利いたコメントをくださる点が共通していて、お話をうかがう立場としてはとてもありがたいです。また、卒業された橋本さんがのこしたものは大きいなあと感慨を抱いています。

Photo

                                               ◇

【齋藤飛鳥さんについて】(2015年11月 橋本奈々未さん談 )

顔が小さいです。頭と顔が小さくて、細くて、クビが長くて、妖精みたいなんです、とっても。どうにかしたらすぐ死んじゃいそう。汚いところに放りこんだら、すぐ死んじゃいそう。きれいなところに置いておいてあげたいというか。あんまり強く触っちゃいけないみたいな。って思うぐらい妖精みたいだし。

私の推しメン・・・じゃないんですけど、そんな感じなんです。飛鳥はすごいカワイイとずっと昔から思っていて、このコは絶対1回気付かれたら大変なことになるんだろうなあと思いながら、カワイイねカワイイねってやっていたら・・・。ANNA SUIのモデルとか、ファッションモデルさんとかも頑張って、すごい評価されていると思うので、もう、今年ついに見つかったなって感じです。飛鳥にとっては今年大きい1年だったんじゃないかなって思います。福神にもなったし、ファッションモデルになって、ANNA SUIの撮影もニューヨークでしてきましたし、何かものすごい1年だったんじゃないかなって思いますね。

ただ、なんか前は違ったのかもしれないですけど、中身が最近私に似てきているのかもしれないと思ってて。番組の言動とか見ていると、ちょっと前の私と同じようなイジられ方をしていないかなっていうところは感じてて、それは大丈夫かなって思って見てます。昔「乃木坂って、どこ?」って番組の中で、人の不幸が好きで、人の不幸を笑っているという感じでクローズアップされていて。私はそんなことはないんですけど、人の不幸はかわいそうって思うんですけど、あれえ、飛鳥大丈夫かなって思って。

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31