Pop Styleブログ

本文です
前の記事

★ALLABOUT 高橋一生★

Img_1547

 本日の読売水曜夕刊ポップスタイル「ALLABOUT」のコーナーは、ドラマに映画に大活躍、

TBS系ドラマ「カルテット」出演中の俳優、高橋一生さんが登場します。

連載「タカラヅカ新たなる100年へ」は花組のホープ、綺城ひか理さんが登場、

辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」には現金版ポケモンGOの話題を。

現金版、とはどういうことなんでしょうか? 気になります。

そのほか、「SCENE」では現在、読売新聞東京本社で開催中の堂本光一さん主演舞台「SHOCK」に関する記事を並べた展覧会の様子、

「注目」では大人のためのネイル本「AROUND 60 マダムネイル」の話題も。

ニコニコ動画は「柴犬にニコニコ動画見せてみた」、

水よう日の花子さんは、プレミアムフライデーについて。

全体的に大人なムードでお届けします。

★ただいま、取材殺到中★

Img_1548

 ブログでは紙面に載せきれなかった裏話をご紹介していきます。

大ブレイク中、旬の俳優とあって、

「とにかく取材殺到中」とテレビ局の広報の方にも伺いました。そんな中、ポップスタイルの紙面を選んで頂き、感謝感激、ありがとうございます!

取材のような短い時間で高橋さんの魅力をすべて見つけ出すのははっきり言って不可能です!

ただ、そんな中でも、サービス精神、優しさ、人間の深さを感じることができました。

そして、とにかくクレバー! ひとつひとつの言葉が深くて、新たな気づきをもたらしてくれるような…

そんな高橋さんの人となりが少しでも伝わればいいなぁと思います。

★ビオラの弓は消音モード★

 高橋さんは今回、ビオラ奏者の役ということで、ビオラを自宅に持ち帰って、実際に練習しているそうです。写真撮影の際は、当初、ビオラはなかったのですが、車のトランクにはあるということで、持ってきてくれました。

 弓を持ってビオラを構える高橋さん。よく見ると、弓には「消音」と書かれている!

 「音が出ない弓なんですよ」と高橋さん。撮影ではこうした弓が使われているんですね。

音が出る弓もあり(ものすごい音がしました)、両方で練習しているようです。

 音楽では中学時代、バンドでギターをやっていた高橋さんは、つい、ビオラがギターのように外側に開きがちになってしまうそうで、そこに気をつけて演奏シーンの撮影をしているそうです。注目してみてくださいね!

★軽井沢に恋★

  「カルテット」は軽井沢でのロケも見どころのひとつ。実は高橋さん、初めての軽井沢だったそうですが、「もう住みたいくらい好き」になってしまったそうです。

 「静かでちょっと異国情緒もあるような。なかなかないんじゃないかな。標高1000メートルくらいあるところでこれだけ栄えているところもないし、お店もたくさんあって、そのお店も口裏合わせたかのように統一感がある。不思議な感じがするんですよね」と話していました。

 避暑地として知られる軽井沢ですが、冬の軽井沢ももちろん素敵ですね。ダウンを着込んだドラマのもこもこファッションを見るだけでも寒さを感じますが、厚着がまた味がある!

「なんか現実味がちょっと離れるんですよね。おかしなことが起きてもおかしくない。どっちにも転じられる場所だから面白いですよね。ホラーも行けそうだし、楽しい避暑地な感じもするし」と軽井沢の魅力を語ってくれました。

 紙面では高橋さん演じる家森諭高が「ズボンのすそをくつしたの中に入れる理由」も明かされています。ズボンのすそをくつしたに入れてあれだけ格好が決まる人もなかなかいないですよね。ぜひ紙面をお手に取ってお読み下さい。

★世間の反応について★

 世間では高橋一生熱がものすごい高まりを見せているわけですが、ご自身はびっくりするくらい無頓着で…

 「こうやって取材を受けて知るって感じで…。ちょっと時間差があるかもしれないですね」とおっしゃいます。

 舞台では重要な役をやってきた自負もあるようです。

 世間からの期待についてプレッシャーを感じることは?

「うーん、(盛り上がりで)変わっちゃったらたぶん自分じゃなくなる。そのままでいようとは思っていますね。舞台ではそれくらいの密度のものはやらせていただいてきているので、(演技の)手法としてはわかんなくなるってこともないし、今までどおりっていうのは崩れていない」。

「ブレイクって言葉もあと10年くらいして振り返って、あ、あそこが起点だったんだって思うかもしれないし、でも今は外部からの刺激をあまり意識していないので、認識は遅れると思うんですね。僕自身、それでいいと思ってるし、いちいち答えを出して言っちゃうとがんじがらめになっちゃう人間なので、そうならないようには努めています」

 こうした言葉はやはり、今のこの年代だからこそ出るものなのではないかと思いました。この思慮深さがあるからこそ、クリエイター陣も安心して高橋さんに色んな役を任せられるのでしょう。これからどんな高橋さんを見せてもらえるか、楽しみに待ちたいと思います。

Img_1546

★高橋さん出演中のドラマ★

TBS系「カルテット」…火曜午後10時

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」…日曜午後8時ほか

【プレゼント】TBS系ドラマ「カルテット」のオリジナルクリアファイルに高橋一生さんのサインを入れて3人にプレゼントします。また、「タカラヅカ新たなる100年へ」に登場した綺城ひか理さんのサイン入りインスタント写真を3人にプレゼントします。紙面掲載のキーワードが必要です。応募はこちら 、または、https://qooker.jp/Q/ja/popstyle/taikai/ をクリックしてください。2月19日(日)午後11時締め切りです。

プレゼント申し込みの際、集合住宅にお住まいの方は部屋番号もご記入ください。部屋番号不明で、当選したのにプレゼントが編集部に戻ってくるケースが散見されます。ご注意ください。

また、転売などはご遠慮ください。

※夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求め下さい。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31