Pop Styleブログ

本文です
前の記事

イル・ディーヴォのこぼれ話第2弾は、最近の活動についてのインタビューです。11月にアルバム発売が予定されていますが、これは3年ぶりとなります。イル・ディーヴォにとって最も長いブランクとなりますが、この間彼等はどのような活動をしていたのでしょうか。セバスチャンのマジメな回答に絡んでくるカルロスが絶品です。

ここ2年間ほど、活動はあまり活発ではないように見受けられますが、いかがですか?

 

セバスチャン 実は私たち、とても忙しかったんですよ。2009年は、1月からクリスマスまで、ずっとツアーをしていました。2010年の1月には、ニューアルバムの制作ミーティングをしまして、4月からレコーディングを始めました。今、現在も進めている最中です。これは11月予定発売なんですけれども、やっぱりアルバムを出すとなると、エネルギーも時間もかかりますよね。作業としては、曲作り、アレンジ、ミックスも考えなければならないので、相当な時間を費やすことになります。なぜなら、「今まで一番いいよね」って言えるアルバムを作りたいからです。もちろん前のアルバムも納得するものを作ったと思っていますが、それ以上に素晴らしいものをね。11月に発売予定で、もしできたら来年の春に日本にコンサートツアーで来たいですし、可能だったら11月あたりにもう1度、プロモーション来日をしたいなと思っているんです。

ソロ活動などにも力を入れていたのですか?

デイヴィッド レコーディング作業は、いつもいつも私たちが歌を入れるわけではなく、ある時はミックスなど、自分たちが必要じゃない作業がありますよね。そこで、全員の共通認識としてあるのは、イルディーヴォ関係の仕事がなくて、他の仕事が来た場合には、その仕事をやっていいということです。今回、異なる都市や異なるプロデューサーなど、いろいろ試しながら、アルバムを製作しているんですけど、そうすると合間が空いてしまう。その間に、僕自身はミシガン州のデトロイトで、7年ぶりのオペラに出たんです。今年3月のことです。そんな感じで、イルディーヴォの仕事がなければ、ほかの仕事もやっているのです。

 

セバスチャン ほかの仕事、それはメインじゃなくてもある程度あった方が、逆にイルディーボを楽しむことができるし、すごく健康的な形だと思います。だって、僕たちは、単なるシンガーじゃなくて・・・

 

カルロス 僕ら、人間だよね。

 

セバスチャン いや(笑)、音楽を愛しているので、それに関連してチャンスがいろいろ出てくるわけですよね。例えば、カルロスはプロデュースが大好きで・・・

 

カルロス 子どもをね。(produce=「子どもを産む」の意味も)

 

セバスチャン アハハ。いや、ほかの歌手をプロデュースしたりね。

 

カルロス ええ、あるショーを企画してまして、マドリードやメキシコで、元妻と一緒に歌う予定でいます。そこでは、いわゆるラスベガスのザッツエンターテイメント的なショーを、ダンサーなどを使って、華やかにやろうと思ってるんです。空いた時間にはそんなこともやっています。

 

セバスチャン 確かにこの7年間、忙しかったので、アーティストとしても人間としても、自分を成長させる時間がなかなかありませんでした。ここに来てちょっとした贅沢な時間ができたと思います。私個人としては、歌のレッスンや演劇のレッスンに取り組みましたし、英語もある程度勉強してきましたがまだまだですので、勉強しました。常に努力していないとクオリティが下がっていきますしね。父親としても、少し時間をかけて家族といるようにしました。

(イル・ディーヴォ こぼれ話2 終わり)

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30