Pop Styleブログ

本文です
前の記事

2010091518040000 (福)です。

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」が18日に劇場公開されます。ガンダムの新作映画としては19年ぶりということで話題になっていますが、「ガンダム00」のテレビシリーズに続いて監督を務めた水島精二さんが、今週のALL ABOUTに登場します。

水島監督のテレビアニメの演出デビュー作は、「新世紀エヴァンゲリオン」第9話の「瞬間、心、重ねて」。シンジとアスカの息がぴったり合った印象的な戦闘シーンをご記憶の方もいらっしゃると思います。監督としてはテレビアニメ「ジェネレイターガウル」「シャーマンキング」「鋼の錬金術師」「大江戸ロケット」「はなまる幼稚園」などを手がけ、映画の監督は、「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」に続いて、これが2作目となります。

実は、水島監督には、テレビ版の「ガンダム00」が始まる時にインタビューさせていただきました。当時は、「全く違う世界観で新しいガンダムを作ってほしい」という制作会社サンライズ側の要望に対して、「ガンダムは、戦争というものに正面から切り込んでいける作品。その中で、人と人とのつながりや、世界との関係を描いていきたい」と話してくれました。

テレビ版の2年後が舞台となる劇場版では、ガンダムシリーズ史上初めて、地球外生命体が登場します。その狙いなどについては、水島監督に紙面で語っていただいてますので、どうぞご覧になってみてください。今回のインタビューでも、当初から描きたいテーマは一貫しているんだなあ、と実感することができました。

注目ワードでは、東京・多摩地区や埼玉県西部で昔から食べられていて、最近人気を集めている「武蔵野うどん」を特集。ファンキーモンキーベイビーズの人気連載「ファンモン論」や、AKB48の恋愛ゲームの制作発表会の模様なども掲載しています。

プレゼントは、ガンダムシリーズの歴代映画ポスターのビジュアルをまとめたカードブックを、読者5人に。紙面掲載のキーワードが必要です。応募はこちらをクリックしてください。9月21日(火)が締め切りです。

紙面、ブログへの感想、質問は、popstyle@yomiuri.comへ。

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31