Pop Styleブログ

本文です
前の記事

Dscf2347 Dscf2339 (央)です。昨日11/18(水)の読売夕刊popstyle…目を引く超美形バレエ王子のわきにもくぎ付けになった方もおいでじゃないですか? 

可愛らしい萌え絵看板に、お坊さんとメイドさん… …なにっ?! 

お ぼ う さ ん

メ イ ド さ ん … ?!

そう、昨今ネットやテレビで話題沸騰! 八王子の「了法寺」に行ってきたのです! では紙面に載せきれなかった写真とこぼれ話をお送りします。

Web_ それはそれは不思議な光景でした… 今回モデルを務めてくれたのは、ミニマムなのにダイナマイトボディがすんばらしいグラビアアイドル、花井美理ちゃん! その美理ちゃんがメイド服を着て真剣に写経をしている…

由緒あるどっしりとした重厚なお堂、だけどかわゆいメイド服…! 紙面ではこぼれてしまった赤い衣装、こちらも「いちょう祭り」の際に披露される予定だそうです。

Web__2  さて、いったいどんな素っ頓きょ…いえ、前衛的なお坊様がおいでなのかしら…と思ったら真逆! とにかく中里勝孝ご住職がきまじめな方なんですよね。でも決して堅苦しいわけではなく、もともとYMOなどの電子音楽がお好きだったんだとか。でも高校の3年間、寮で修業生活に入り、「戻ってきたらジューシィフルーツが流行していたんですが知らなかったんですよね」。

そんなご住職ですが修業を終えられた後もピコピコ系音楽好きの嗜好は変わらず。最近になって十年来の友人、三井一仁さんにアキバの「電波ソング」を教えられ「かなり気に入った」のだとか。

そしてそれとはまた別に、もともとお寺に「誰でも敷居が高くなく入りやすいように看板を付けたいな」と思い、三井さんに相談したところ、「適任者が!!」…そうして声優、電波ソングなどの歌手、イラストと多彩に活躍する「とろ美」さんを紹介されたという流れになるのだそうです。

Web__4  「自分は仏教というものを『布教』することが念願なのです」「その時々の時代にあったさまざまな様式の芸術で仏様は描かれてきました。一見奇抜かもしれませんが、『いま』の視点でキュートに仏様神様が描かれてもいいのではないかな、と…」

そう語る中里住職の意を十分に汲み、とろ美さんが描くご神仏が本当にカワイイ! 弁天さまが白蛇に化身した「宇賀神さま」、「鬼子母神さま」などなど。これはぜひとも現地にも行って見て頂きたいですね。

21,22日は八王子のいちょう祭り、了法寺へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

紙面、ブログへの感想、質問は popstyle@yomiuri.comへ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

記事に無関係で恐縮ですが、薔薇とともに私(央)が黒い自宅で溺愛する爬虫類たちの勇姿、動画公開中…くるくるやもりは非常にレア!!  

何と芸をする!「くるくるやもり」http://jp.youtube.com/watch?v=D_GRRrGHVic

「ぴょんぴょんとかげ」http://www.youtube.com/watch?v=t46QbYHwRgI

「ぺろぺろやもり」http://jp.youtube.com/watch?v=cSkYcVyGpw0

前の記事

 読売新聞の水曜夕刊に掲載されている新感覚カルチャー面。旬の人のインタビューコーナー「ALL ABOUT」を中心に、若きタカラジェンヌの素顔に迫る「タカラヅカ 新たなる100年へ」、コラムニスト・辛酸なめ子さんの「じわじわ時事ワード」といった人気連載に加え、2016年4月から、ポルノグラフィティのギタリストのエッセー「新藤晴一のMake it Rock!」、次世代韓流スターのインタビューコーナー「シムクン♥韓流」がスタート。オールカラー&大胆なレイアウトで紹介する2面にわたる企画ページです。

掲載紙購入方法
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31